フランス語で恐竜

フランス語で恐竜

前回の更新から2ヶ月も放置してしまいました。もともと読んでくれている人が少ないのに、これではほとんど誰にも読んでもらえないよな。。。と思いつつも更新です。

以前、日本語のオススメ恐竜図鑑記事を書きましたが(その記事はこちら)、今回はフランス語のオススメ恐竜本をご紹介。

フランス語で恐竜図鑑

 

まず、第一にオススメしたいのがこちら。

20ユーロ以下(19.95ユーロ)で買える品物ながら、約300ページもある読み応えのある図鑑です。

ワタシは恐竜だけだと思ってアマゾンフランスで買ったのですが、中を見てみたら恐竜よりも前の時代から書いてあります。

地球が始まってから今までの流れ、進化、化石のでき方、無脊椎動物、初期の脊椎動物、その後恐竜の章、最後に哺乳類(人間も含む)があります。

こんな風に、情報満載です。

大人のワタシが読んでも面白いと思える内容で、タラオは現在恐竜部分しか興味がありませんが長く使える図鑑なので『いい買い物をしたな!』と思っています。

 

あとは、図鑑と呼べるほどではありませんが、恐竜の本(数えてみたら67種類の恐竜が載っています)。
120ページ、12.99ユーロでした。

先ほどの図鑑は9歳からと書いてありましたが、こちらは年齢の記載はないものの、恐らく6歳くらいからかな?

図鑑に比べると情報量はかなり少ないですが、子供的には面白いかな?と。各ページに『これ知ってる?』みたいなコーナーがあり、全部覚えたら恐竜博士と呼ばれそう。

ちなみに、こちらは歴史の流れに沿って恐竜が紹介されているので(三畳紀→ジュラ紀→白亜紀)、時間軸が前後しません。その点は気に入っています。

 

恐竜用語

ワタシが恐竜に関するフランス語を分からず調べたことがあるので、ここで少しまとめたいと思います。

*カタカナの記載はあくまでもワタシの耳に「こう聞こえる」というものであるため責任は負いません。rの部分が表記しにくい部分はrのままで記載。


三畳紀・・・Trias。英語でもTriassicっていいますよね。

ジュラ紀・・・Jurassique。こちらも英語と同じ。発音はRがあるので違いますけど。

白亜紀・・・Crétacé(クレタセ)。

恐竜・・・Dinosaure(発音はディノゾーr、みたいな感じです)

肉食恐竜・・・un Dinosaure Carnivore(カーr二ヴォーr)。

植物食恐竜・・・ un Dinosaure Herbivore(へrビヴォーr)。


 

恐竜の名前

ここは時代を無視して、独断と偏見の有名どころを順不同で載せてみます。

*カタカナの記載はあくまでもワタシの耳に「こう聞こえる」というものであるため責任は負いません。rの部分が表記しにくい部分はrのままで記載。

*旦那からの指摘があり、名前の表記は二通りあるものもあるらしいので、追記します。


ティラノサウルス・・・Tyrannosaurus(ティラノゾリュス)、Tyrannosaure(ティラノゾーr)またT-Rex(ティーレックス)でも通じます。

トリケラトプス・・・Tricératops(トリセラトプス)

ステゴサウルス・・・Stégosaurus(ステゴゾリュス)、Stégosaure(ステゴゾーr)

スピノサウルス・・・Spinosaurus(スピノゾリュス)、Spinosaure(スピノゾーr)

プテラノドン・・・Ptéranodon(プテラノドン)

ヴェロキラプトル・・・Vélociraptor(ヴェロシラプトーr)

オヴィラプトル・・・Oviraptor(オヴィラプトーr)


 

個人的総括

恐竜の名前なんて、日本語でも全然分からなかったのに、今では『あー、あいつね!』くらいにタラオと話をできることがビックリ。旦那の家族にも得意げに説明したいタラオは、『この恐竜はフランス語で何て言うの?』と聞いてくるので、これらの本を買っておいて本当に良かったです。

とはいっても、旦那の家族はフランス語で恐竜の名前を言われても『???』という感じなのですが、タラオの自己満ということで良しとします。

ちなみに、タラオは恐竜の名前を言うと体長をメートルで教えてくれます。笑。

みなさんも是非、フランス語の恐竜本で恐竜ライフ(?)エンジョイですよ!

 

 

ブログランキングサイトに登録してみました。下のどちら(か/も)クリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ