フランス在住者、日本帰国時のあるあるランキング

フランス在住者、日本帰国時のあるあるランキング

海外に住み始めて間もない頃ですと、日本での習慣をそのまま海外でしてしまうことってあると思いますが、逆に海外生活が長くなると日本に帰った時に、まるで『外国人』みたいになることってありますよね!?

フランスかぶれを気取りたいわけではなく、自然に染み付いてしまったフランス人的言動など『在仏者、日本帰国時あるある!』を独断と偏見でまとめてみました。

無駄に爆買い

日本に帰ったら行きたい場所:コンビニ、ドラッグストア、百均

えっと、ワタシだけですか?

ドラッグストアってフランス(少なくともワタシたちが住んでいるところ)にはないので、行くだけでテンション上がります。そしてコンビニも。あてもなくお店に行っては『これ良さそう』『これ美味しそう』と試し買いしちゃったり。

百均は危険ですね。危なすぎます。

『こんなものまで100円なの!?』

とカゴに放り込んで、合計五千円なんてザラ。しかも持ち帰ってみて初めて、あまり使えないことに気づくとか。。。帰国するたびに百均貧乏になりそう。

 

やたら日本のサービスと清潔さに感動

まず、空港に降り立った時点で綺麗さに感動を覚えます。特にトイレとか。『このままいてもいいですか?』って聞きたくなるレベル。トイレといえば、外に出ればどこにでもあって使えるし、綺麗かつ無料ってすごいですよ、本当!

道に犬のフンが落ちていないのも素晴らしい。というか当たり前なんでしょうが。歩くときに下に注意しながら歩かなくてもいいってすごい!また、かなりゴミも少ないですね。

それと、働いている人のサービス力の高さに脱帽。お店にしても役所にしても、感動してお礼言いたくなっちゃいます(実際に言ってしまうタイプ)。

あとは、フランス的に日曜にお店が閉まっているとか閉店時間とか気にしてしまいがちですが、日本は365日24時間開いているお店も多々ありで言葉も出ません。

とっさのフランス語

タラオが生まれてからは日本語を話すのであまり出てこなくなりましたが、日本に帰ったときに咄嗟に出てくる『違う!』とか『待って!』とかの単語がフランス語になってしまうっていうのが、その昔ありました。

バス停でバスを待っていたら、全然違う場所行きのおばさんが、全然バスの経路をわかっていないおばさんと話をしていて危うく違うバスに乗りそうになったので『ノーン!』と言ってしまったワタシ。

整列

日本の公共の乗り物には、きちんと乗る場所に印があって、乗る人がきちんとみんなそこに並んでいる、これだけで感動です。フランスではどこにドアが来るか分からなくて早い者勝ち!みたいなことがほとんどですから。

人にビックリ

ヨーロッパ系の人ばかり見慣れていると(自分の顔は鏡以外見ないので)、日本に帰ると

『アジア人ばっかりだ!そして白人以上に色白多いぞ!』

と驚きます(すごく当たり前なんですけど)。

あとは、季節によってはみんなマスクを着用していたり、多くのサラリーマンがハンカチ持参で汗を拭いていたりすることに驚きます(これまたすごく当たり前なのでしょうが)。

信号無視

もー、これはついついやっちゃって母親から怒られます。車が来ていないからと、堂々と信号無視をしてしまう癖。10代の若者じゃないんだから、悪ぶって信号無視すんなよ!的視線が飛んで来たり(勘違いではないはず)。

日本人て色々なことに忙しい割りには、信号待ちには寛大ですよね。

 

個人的総括

とはいえ、やはり生まれも育ちも日本のワタシ。数日いれば日本の生活に慣れてしまうものです。

フランスに住んでいると嫌なことばかり目につくため、日本がまるで天国のように(大げさ)思えてしまいますが、それでもやっぱり住めば嫌なところも出てくるわけで。。。それぞれに良いところがあって、悪いところがあって、それを体感できるし子供にも経験させてあげられることは、在仏日本人の特権かなって思います。

一時帰国でエネルギーを貯めて、またフランス生活頑張ろう!って思えるわけです。

 

 

ブログランキングサイトに登録してみました。下のどちら(か/も)クリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ